みなさんにお伝えしたいことがあります。

いま現在医療現場の最前線で働いている知り合いの生の叫びです。人事ではないと思いましたので掲載します。※※※※※※※※※※※※※※※

連日朝から晩までコロナコロナ…。医療従事者に感謝!などというテレビの内容もあればネットでのバッシング。私もそうですが、ネット社会の影響はおおきくて、多々傷つく日々です。ママさんナースは学童に子供を送るとき皆ナースだとばれない格好で行きます。子供が、お前のお母さん看護婦なの?コロナなんじゃないの?と言われるからです。熱が37度あったら学童は預かってくれません。他の子は37.5℃です。看護師の子供だからです。スタッフは皆、自分と家族の健康に異常なまでに気を遣い、子供を預けて仕事に出てくれています。鍵っ子の練習をさせてくれたり、土日休みの人も半日じいちゃんにお願いできたから。とか。子供が何より宝だから大切に自分と一緒に家に閉じ籠っていたいはずなのに。私達自身も毎日怖いです。外来に行くのも、日常で買い物に行くのだって、一般の人達と同じように怖いです。
スーパーに昼間買い物に行くと私達はナース服なので病院関係者なのはすぐにわかります。先日お弁当を選んでいたら私の隣の人が私を2度見してサッと離れました。他にもたくさんいたはずなのに周りをみたら誰もいませんでした。別の日は、レジに並んでいたら、後ろに母親と小学生の親子が来ました。子供が「お母さん、一番最後ここだよ」と普通に母親に言いました。母親は子供をつかんで私から離しました。何も気にしてなかったであろう子供は「間あけたら入られちゃうよ」と。母親は「いいの!病院の人だから!」と言いました。私は後ろを振り向けませんでした。私は弁当とコーヒーだけなのでセルフレジも速いから次にそのレジを使うのはその親子でした。スーパーの店員さんが「6番レジどうぞー」と案内したのだけれど、その親子は来ませんでした。私、店員さんにタッチパネル消毒してあげてください。と言って帰ってきました。「すみません」とスーパーの店員さんも申し訳なさそうでしたが、逆にその「すみません」がまた心を複雑にします。
何の補償もなく、ただただ生活のため、使命感でみな働いているだけなのに、何でこんな思いを強いられるのか。それでも頑張って生きている利用者や患者に暗い顔は見せられない。コロナなんて絶対入れないから大丈夫よ‼って笑顔で言ってくれているスタッフを思うと本当にツラいです。数日前、3月中旬から二週間に渡り北海道、四国、京都、東京と旅行に行き、帰宅して三日目で39℃の熱を出したと言って受診しにきた患者さんが来ました。だけど、もしその人が熱がある状態でも私服で平然と幼稚園に子供を預けに行ったって、スーパーで買い物してたって誰も差別しないし、離れもしないです。
世の中おかしくなってるよね。と話すスタッフの顔はみなどこか暗いです。絶対に患者様とスタッフ達を守ってみせます❗たとえ自分の職場にコロナ感染者がいないとしても、持ち込まない、自分たちも菌を持ち出さないように日々頑張っています。持ち込まない、持ち出さないは医療従事者としては当たり前の事なのですが、それでもいつもより何倍も注意をはらっています。

※※※※※※※※※※※※※※※

いかがですか?知らない所で辛い思いをしている人が居ます。病院関係者だから?感染者かも知れない方々と隣合わせにいるから?何で最前線で命削ってる人がこんな思いしなくてはいけないんでしょうか。こんな思いをしている方が全国に多数いらっしゃいます。だからといって僕が何か出来るの?って言われても何が出来るか分かりません。ただ身近な人がこんな思いをしているのが辛いです。だから言わせて下さい。
コロナに感染して辛いのは自分だけじゃない事、身内、会社、だけじゃない事❗️
病院に行く事で病院関係者もリスクを負っている事を分かってもらいたいです。
だから一人ひとりが不要不急の外出を我慢をしてください。買い物を家族大勢で行く必要ありますか?本当に家族が大切なら最小限の人数でお出掛けしましょう❣️
乱文になり大変失礼致しました。

Yプロダクション

代表 谷口昭仁

お問い合わせは krxnb357@yahoo.co.jp